2021年ホープフルステークス予想 おススメ馬は3頭!

2021年ホープフルステークスの予想です。
現時点で単勝一桁台が6頭もいますので、混戦必須のレース。こんな時こそ人気薄の台頭を期待したい!

出馬表

まずは、出走馬から見ていきましょう。
上位人気では、東京スポーツ杯2歳ステークスを勝ったコマンドラインが一番人気。萩ステークス2着のキラーアビリティが2番人気、その他2戦連続でレコード勝ちのサトノヘリオスや武豊のG1完全制覇がかかるアスクワイルドモアが人気しています。

ホープフルステークス 出馬表

おススメ馬は3頭

今の中山競馬場の状態を加味して、おススメ馬はラーグルフオニャンコポンボーンディスウェイの3頭です。

ラーグルフ

芙蓉ステークスの勝ち馬ラーグルフ。
新潟競馬場で未勝利勝ちを収めてからの連勝でホープフルステークスに駒を進めています。

ラーグルフは芙蓉ステークスの勝ち方がとてもいいです。
勝ちタイムは芙蓉ステークスが2,000mで施行されるようになってから最速。これは単純に評価したい。
レース内容は3、4コーナーで外・外を回りながら直線で先頭集団に並びかけると、直線で手前を変えてからグンと伸びで勝利。未勝利戦でも手前の変えるタイミングが良いなと思ったので、とても器用な馬だと思います。

今回は2枠3番からのレースですので、内で脚をためて4コーナー付近で早めに進出していけば勝機はあるかなと思います。

オニャンコポン

百日草特別の勝ち馬オニャンコポン。
この馬も新馬からの連勝でホープフルステークスに駒を進めています。

オニャンコポンの持ち味は抜け出してからの粘り強さです。
新馬、百日草特別ともに、「早め抜け出しからの粘り込み」で勝利しています。まさに中山向きです。

前走後は一度放牧されここに向けて調整。中間で熱発があったようですが、最終追切では合せた相手を余裕でぶっ放す内容でしたので、状態は特に問題ないかと思います。
百日草特別で負かせた相手がその後1勝クラスの特別戦で勝利しているので、前走レベルは高かったと思います。

ボーンディスウェイ

最後は、葉牡丹賞の勝ち馬ボーンディスウェイ。
中山2,000mを連勝(未勝利→葉牡丹賞)して、ここに駒を進めています。

まずは中山2,000mで連勝している点が非常に好印象!
未勝利戦こそ目立った内容ではありませんが、前走の葉牡丹賞がレベルが高いです。
葉牡丹賞は、スタートをうまく切るとそのままジョッキー判断で逃げる形になり、そのまま自分でレースを作り逃げ切り勝利。タイムも2分00秒6と好タイムでした。2着が追込馬でしたし、スローペースの逃げ切りというわけではなさそうです。

何より、ボーンディスウェイの評価ポイントは最終追切の内容の良さです。
12/24(金)の最終追切は石橋脩ジョッキーが担当し、美浦・南Wで85.6-68.3-52.9-38.4-11.7
終始馬なりで併せ馬を突き放していて、状態の良さがうかがえました。

ホープフルステークスのおすすめ馬はこの3頭でした。

人気馬にワイドで流したり、思い切って三連系の軸にするのがよさそうです。人気が割れていますので、手広く買ってもプラスになると思いますよー♪

合わせて読みたい記事