【競馬ビギナー向け】それぞれの天皇賞(秋)があるわけで。

今週末は天皇賞(秋)が開催されます。

個人的に天皇賞秋~ジャパンカップまでの開催がとても好きです。

ゲーセンでスターホースをやっていた時期は、毎日王冠あたりで入厩して、

天皇賞(秋)→ジャパンカップ→WBCっていうローテでやってましたね~。

天皇賞で3強となりそうな馬を簡単に紹介します。

コントレイル

ディープインパクト以来の「無敗の三冠馬」が早くも引退までラスト2戦となりました。

昨年は菊花賞で三冠馬となった後、

ジャパンカップでアーモンドアイ・デアリングタクトとの現役最強馬決定戦で盛り上げてくれた彼。

明けた4歳春は大阪杯で3着。不良馬場でのレースが影響し、春はこの1レースのみとなりました。

ラスト2戦は、天皇賞→ジャパンカップという私の大好きなローテ。

東京競馬場は広々したコースなので、力を出し切る舞台としては最適です。

最終追切もさすがの動き。陣営も「メイチ」と言っているので、ここはしっかり取りに来ているでしょう。

快晴の東京競馬場の空に、一直線に伸びる飛行機雲は現れるでしょうか。

グランアレグリア

2頭目はこちらも「ラストラン」がかかるグランアレグリア。

といってもラストになるのはグランアレグリアではなく、管理する藤沢和雄調教師

東の名伯楽も来年の2月で引退。

徹底した馬第一主義、青葉賞からのダービー挑戦、三歳での天皇賞秋参戦など、エピソードは数知れず。

管理馬を見ても、

タイキシャトルバブルガムフェロー、シンボリクリスエス、レイデオロなど名馬がずらり。

ここ数年は、大切なレースには必ずルメールを配する徹底ぶりで、いくつもの大レースを勝っています。

そんな藤沢調教師のラストランとなるのが、グランアレグリアです。

2歳時から大切に大切に使われた彼女の才能が開花したのは4歳。

時の最強牝馬アーモンドアイを破った安田記念が印象的です。

その後スプリンターズステークスを勝ち、短距離女王に。

今年に入っても、ヴィクトリアマイルを制し、マイルまでの距離でもはや彼女に敵うものはいません。

秋開催、彼女は中距離に再チャレンジします。

大阪杯では不良馬場で力が出せなかっただけに、良馬場でその本気を見たいところです。

名伯楽のラストランに大きな歓喜を届けるのは、きっと彼女でしょう。

エフフォーリア

いつだって時代の流れと共に王者は移り変わってきました。

先にお話した2頭に堂々挑戦するのは、皐月賞馬エフフォーリア。

ダービーで惜しくも2着となった後は、菊花賞には登録せずここを目標に調整。

今年の3歳馬は、シュネルマイスターやソングラインなど秋開催で古馬を撃破しており、

レベルの高い世代のようですね。

そんな世代で「もっとも速い馬」であるエフフォーリア。

鞍上は、先週見事2冠達成した、横山武史。父親譲りの勝負センスは年齢を感じさせません。

鞍上と共に、ここをしっかり勝って「次世代のエース」となりたいところです。

現役最強馬に勝利し、「大きな幸運」が訪れることを期待します。

それぞれの天皇賞

3頭以外にも、たくさんの馬が出走しますが、どの馬にそれぞれの思いがあるでしょう。

夢というと大げさですが、それだけチャレンジしたくなる名誉あるレースだと思います。

私は、どの馬が勝っても、「おめでとう!」と言いたくなるレースがダービーと天皇賞です。

全馬無事に、ゴールを駆け抜けてほしいですね。