JBCレディースクラシック2022 予想!

11/3(木)は、地方競馬年に1度の祭典、JBCデーです!

さっそくJBCレディースクラシックから、出走全頭のプラス点、マイナス点を挙げていきます。

その前にご案内

その前にご案内だけさせてください!

tiktok,youtubeやってます!

tiktok

tiktokアカウント:@takukeibaandsoccer
(クリックでtiktokアプリが開きます)

youtube

更新頻度上げていきますので
どちらもチャンネル登録よろしくお願いします♪

ブログランキングに登録しています
是非ぽちっとクリックしてください(^^♪

にほんブログ村 競馬ブログへ

全頭診断

①ゴールドヒーラー

出走取消

②ショウナンナデシコ

プラス:現役ダート最強牝馬。追切からも臨戦過程からも秋2走目となるここは確実に状態を上げてきている。最も勝利に近い馬と言える。1週前の坂路の動きもよく、準備に余念はない。

マイナス:前走の敗戦で、ショウナンナデシコの「倒し方」が少し明るみになった印象。隣の③サルサディオーネや前走敗れた④テリオスベルのように、前目で被せてくる馬がいると、再び崩れるかもしれない。

③サルサディオーネ

プラス:牡馬混合でも好走できるレベルの地方競馬マイル女王で、逃げれば簡単にはへこたれないタフネスレディ。前走も日本テレビ盃(G2船橋1,800ⅿ)を逃げて3着になり、力があることを示した。今回はJRA勢がいるとはいえ牝馬限定戦。逃げたら残る。と思っておいたほうがいい。

マイナス:過去成績では②ショウナンナデシコには3戦3敗でまさに完敗。いずれのレースも目標にされ、直線で突き放されているだけに、1着固定で買うにはショウナンナデシコの「ヘマ」が必要か。

④テリオスベル

プラス:江田照男Jとのコンビがもはや彼女の特徴になった。前走は出遅れたものの道中で押し上げ先頭に。直線で力尽きるかと思いきや、そこからもうひと伸びして2着になっており、改めて勝負根性の強さを感じた。今回はマーキュリーカップで好走した盛岡コース。サルサディオーネを早めにつぶす競馬ができれば今度こそ勝機はある。

マイナス:特にマイナス点は見当たらないが、マーキュリーカップの走りがピークに良かった印象で、そこから徐々にレース内容が悪くなっているのが気掛かり。

⑤ユノートルベル

プラス:地元で連勝中。安定して先行できるのはプラスになる。ロスなく、プレッシャーなく走りたいところ。

マイナス:交流重賞常連メンバーとはかなり力差がある。ヴァケーションの幻影を追うにも、実績が足りない。

⑥アナザーリリック

プラス:リオンディーズ産駒の地方ダート成績は、複勝圏内率31.2%(2022年)と安定している。初ダートが地方G1という初物尽くしではあるが、好走してもいい血統であり、鞍上である。

マイナス:リオンディーズ産駒は短距離思考が強く、地方ダートではそれが顕著。地方ダートでの好走も大半は1,400ⅿまででそれ以上ではあまりよくない。

⑦レーヌブランシュ

プラス:牝馬地方交流レースの常連。前走は混合中央ダートG3なので成績はノーカンでいい。元々スタートに課題があったものの、ここ数戦は安定したスタートを見せている。サルサディオーネの後ろにピッタリつけられれば「やっぱり力あったね」という結果になっても不思議じゃない。

マイナス:大井の1,800ⅿが得意なタイプなので盛岡1,800ⅿが合うかは不明。また追切も秀でたものではない。臨戦過程からは強く推すことはできない。

⑧ジュランビル

プラス:元中央オープン馬。前走日本テレビ盃でも、最後はいい脚を使えていた。勝ち馬のフィールドセンスのように使いながら本来の力を発揮できればという期待をしたくなる。

マイナス:中央でも1,400ⅿがメイン戦場でマイルは長い。近走の成績からも3着があってやっとか。

⑨グランブリッジ

プラス:交流重賞連勝中の3歳牝馬。53キロという軽斤量はとても魅力的。距離にも不安はないので外からスムーズに走れれば馬券圏内の可能性は高そう。④テリオスベル、⑩プリティチャンスには既に勝利済み。

マイナス:アメリカ血統の色が濃く、某血統評論家の好走条件から大きく逸脱している。またショウナンナデシコ、サルサディオーネとの対戦経験がないので、両者に跳ね返される可能性も十分ある。

⑩プリティチャンス

プラス:前走は②ショウナンナデシコ、④テリオスベルをしっかり差し切って重賞初制覇。交流重賞であれば前目にポジションをとることができる。夏競馬では小回りに苦戦するレースもあったが、今回は比較的大きな盛岡コース。勝機はあると思う。

マイナス:自分でレースを作れないので前が残る展開になると厳しい。また追切はあまり目立っていない。

⑪サルサレイア

プラス:③サルサディオーネの妹。こちらは末脚勝負に強いタイプ。交流重賞の速い流れにのって末脚を爆発させたいところ。

マイナス:近走成績から、ダートグレード競争での好走は厳しい。前が相当潰れるレースになってくれることを願う。

⑫ヴァレーデラルナ

プラス:2走目からずっとダートを使い続け、ここまでダート連帯率は100%。持ち時計も交流重賞なら十分勝負になる(前走小倉ダ1,800ⅿ:1分50秒3)。追切も2週連続で加速ラップを刻めていて調子が非常に良さそう。

マイナス:中央勢が人気をかぶるレース。実績のわりにオッズ妙味がなさそう。ここ2走で負かせた馬がその後同じクラスでくすぶっていて、戦ってきた相手のレベルからすると、ここでは力が1枚落ちそう。

まとめ

JBCスプリント、JBCクラシックはこの後時間があれば書きたいと思います!皆様よい祝日をお過ごしくださいねー(^^♪

最新情報をチェックしよう!