10/30(日) 天皇賞秋2022 全頭診断!最終版!

天皇賞秋に出走予定馬全頭診断!

枠順確定しましたので、全頭診断も内容を更新しました!!

その前に告知です!

tiktok,youtubeやってます!

tiktok

tiktokアカウント:@takukeibaandsoccer
(クリックでtiktokアプリが開きます)

youtube

更新頻度上げていきますので
どちらもチャンネル登録よろしくお願いします♪

ブログランキングに登録しています
是非ぽちっとクリックしてください(^^♪

にほんブログ村 競馬ブログへ

出走予定馬全頭診断!


登録した15頭が全て出走確定し、枠順が確定しました!

netkeiba提供

ここでは、
プラス:天皇賞秋に向けて評価できる部分、期待できること。
マイナス:天皇賞秋に向けて評価できない部分、懸念点。

をそれぞれ挙げていきます。

枠順と最終追切を踏まえての追記をしました!

あくまで個人的な整理なのでご了承ください(^^♪

①マリアエレーナ

プラス:G3とは言え、前走は直線で反応良く抜け出してぶっちぎっての勝利。後にオールカマーを制するジェラルディーナにも完勝しており、ここにきてワンランク能力があがった印象。
芝2000mはどの競馬場でも安定して走れるので、東京コースも不安はない。成長著しい時期なので、好走を期待したくなる1頭。
(追記)最内枠がいいか悪いかはわからないが、ただ外枠でロスが増えるよりはいい。先行勢に取り付いて、好位抜け出しを試みるのみ。胸を借りるつもりでレースに臨んでほしい。

マイナス:G1はこれが初出走で、メンバーレベルは経験したことがないほど上がる。中京で好走できているので、左回りは問題なさそうだが、初の東京が天皇賞は相当ハードルが高い。前走の印象ほど持ち時計など強調するポイントはないので、ここは序列を下げざるを得ない。好走するなら好位抜け出しがカギなので、その条件が実現できそうか検討したい。
(追記)特になし。

②パンサラッサ

プラス:札幌記念は逃げて2着。最後にジャックドールにとらえられたが、それ以外を完封しており一定の格好はついた印象。前半1000mを59.5で逃げての結果で、天皇賞秋への試走としてはいいレースだった。今回もやることは1つ。
(追記)内枠に入ったのは逃げ馬にとってプラス。ロスなくいければ、それだけ勝機は高まる。

マイナス:近走スタートが遅く、二の足の速さで何とか逃げている印象。今回は前述のバビットやジャックドールなど逃げ馬が複数いる。東京2,000mはスタートが2コーナーポケットなので、内枠で出遅れるようなことがあると、即終戦の可能性もある。できれば真ん中~ちょい外の枠に入りたい。
(追記)プラス点と相反するのを承知で言うが、この枠で出遅れて、バビットに前を行かれたら、それで終わってしまうかもと思う。もう少し真ん中での枠がよかった。

③カラテ

プラス:安田記念では大敗するも、前走G3新潟記念で勝利し、2,000mでも対応できることを証明した。馬場が多少荒れていても対応できるパワーを兼ね備えた末脚を持っている。
(追記)2枠3番。後方から脚を伸ばすタイプなので、あまり影響はないが、距離ロスを抑えることが出来るのはプラス材料。

マイナス:G1での実績が乏しく、前走からメンバーレベルが急激にアップする今回はどこまでやれるか。実績はG3までで、好成績を残すためには馬場や展開が味方してほしいところ。
(追記)良馬場開催濃厚。パンサラッサが逃げることでタフなラップの2,000m戦になる。道中の消耗を経て、馬群を割ってこれるかと言われると疑問が残る。

④ポタジェ

プラス:現に大阪杯を勝っているのだから、2000mのレースはベストな舞台。叩き良化タイプなので、前走時よりもパフォーマンスを高めてくることは濃厚。前走はラップも速くマイルよりのレースになったことから対応できず、常識にかかるレースラップであればここでも力は通用する。おそらく人気を落す今回、馬券妙味がもっともある1頭になりそう。
(追記)内々で脚を溜められるのはプラス。4コーナー付近で外々に持ち出せれば、大阪杯のような勝ち方も実現可能。あとは直線の長さと瞬発力勝負に対応できるかだ。

マイナス:キレ勝負になると弱いのに、先行すると粘れるほどタフではないタイプ。大阪杯のように力のいる馬場でタイミングよくスピードに乗せるのが必要になるので、東京2,000mはそもそもあまり向いていない印象。長所をいかすために、少し雨が降ってほしいところ。逆に33秒台が連発するような日であれば評価を下げたい。土曜日のレース傾向に注目。
(追記)Bコース替わりで良馬場開催が濃厚。瞬発力勝負になるとやはり厳しい。それに最終追切を含め、ここ3週間の追切が非常に緩い。叩いて良化してきたという印象が持てない。

⑤ダノンベルーガ

プラス:3歳牡馬クラシック4強とされたうちの1頭で、皐月賞・ダービーともに4着。皐月賞は荒れた内を通ったこと、ダービーは思えば距離が長かったか。共同通信杯での圧勝からも東京2000mは最高の舞台。能力をフルに出せばいい結果が得られそう。
(追記)内目の枠に入ったのは好材料で、ロスなく回って直線どんだけ弾けられるかにかける。もし能力が足りていれば勝利もあり得る。追走が楽になることを願う。

マイナス:いうて2連続で世代G1を4着。ジオグリフやイクイノックスより強いというには、成績がついてきていない。鞍上含め過剰人気気味になるので、馬券としてはおいしくない1頭になりそう。
(追記)特にない。能力がどのレベルか不明なところが唯一の不安点。

⑥ジオグリフ

プラス:この世代の2000m王者。ぶっつけ本番だったとは言えイクイノックスを外から差し切っているのだから、3歳勢での能力は相当高い。ダービーに敗れた理由を距離とするならば、ここはもっといい走りが出来ていい。3歳牡馬の中では人気面でも一番妙味がありそう。
(追記)1週前追切、最終追切と非常にいい調教が積めている印象。臨戦過程も問題ない。

マイナス:骨折休養明け。幸いなことに軽傷だったこともあり秋初戦をここに設定できたが、最終追切までをしっかり見ることにする。またドレフォン産駒はダートの短距離やマイルでの活躍が目立ってきていて、芝2,000m以上のオープン馬は本馬とデシエルトのみ。東京芝2,000mで勝つ馬かと言われると血統面や上がり勝負に向くタイプではないことから、多少割引きたくなる。
(追記)特にない。ここで瞬発力勝負に対応出来たらさらに将来が明るくなるはず。

⑦イクイノックス

プラス:3歳世代トップの1頭。先週のアスクビクターモアの菊花賞制覇により、ダービーの僅差2着の価値はさらに高まった印象。レースセンスが高いのでどんな展開でも対応できそう。東京競馬場は重賞勝利した経験のある舞台で、舞台設定に不安は1ミリもない。
(追記)最終追切も終始行きたがるのをなだめながら馬なりで敢行。我慢した分が本番で爆発することを期待する。また枠順も、2走が外枠だったのに対し、今回は内枠には入れたのは、間違いなくプラス。アクシデントさえなければ、印象通りの好走は必須。

マイナス:ダービー後に脚に負担がかかった(負傷?)ことで、菊花賞を目指さず。大切に使われる1頭のため、極限仕上げはしない可能性も。現にここ2週の追切は若干軽い印象。負傷休養明けの馬を筆頭に推すにはもう少し根拠を集めたい。
(追記)確かに馬なりばかりでかなり軽い。正直皐月賞のときよりも時計面では軽い。そこだけ。

⑧シャフリヤール

プラス:実績はメンバーNo.1。血統をみても2,000mは最適な舞台。鞍上もドバイシーマクラシックと同じくCデムーロ。実績やここへの臨戦過程は完璧と言える。
(追記)岩田ジュニアが担当した最終追切含め、特筆することはないものの、全て順調な過程に見える。

マイナス:海外遠征帰り。前走は国内では経験しえないような馬場でのレースになった。海外遠征後に成績を落す名馬は数知れず。その影響がなければいいと思う。
(追記)特にない。最終追切でわずかに遅れたのは気になるが、ぬかせようともしてない。本当に特筆することがない馬だった。

⑨ジャックドール

プラス:前走札幌記念では、逃げ馬を見ながらのレースが出来ており、春からワンランク成長した姿を見せた。今回もパンサラッサに行かせて自分は2番手と行きたいところ。札幌記念からの直行は臨戦過程もいい。後続を完封する逃げにさらに幅が出てきた現在であれば、東京2,000mに怖いものはない
(追記)真ん中の枠でよくも悪くもない。最終追切もノビノビ走れていて状態は良さそう。

マイナス:特段見当たらないが、大きく崩れるなら瞬発力勝負になったときだろう。パンサラッサが逃げれない状態になり目標にされるケースがあると大敗すらあり得る。スムーズにレースを進めたいところだ。
(追記)パンサラッサが逃げ宣言している。パンサラッサは出遅れても必ず押し上げてくるので、コーナーからスタートする今回はテンの3Fが札幌記念よりもキツくなりそう。大逃げをさせたら捕まえられないので、ある程度パンサラッサに詰めていく必要があり、となると共倒れもあり得る。軸にはしにくい。

⑩ノースブリッジ

プラス:負傷から帰還し、安定してレースを使えるようになった。春にはエプソムカップで重賞初勝利を掴み満を持してG1戦線に参加。先行した場合の粘りは結構なものでタフレースになれば気になる1頭。
(追記)最終追切の内容が好印象。スピード感と反応の良さが非常に良かった。毎日王冠が不完全燃焼だったので、岩田康誠Jがここはかなり尖った乗り方をしてきそう。相手候補には入れておきたい1頭。

マイナス:前走はあおった影響もあり敗戦したが、いまだG3でしか実績がない。持ち時計にも不安があるので、ここでは力が1枚下がる。全てがかみ合ってようやく2,3着か?という印象。
(追記)特になし。あとは力関係だけ。

⑪レッドガラン

プラス:2000mでの重賞勝利があるので、距離実績は十分。いついかなる時も勝ち馬から1秒以内で走れている。いいポジションがとれたら、終わってみれば上位入着もあり得る1頭。
(追記)特になし。

マイナス:近2走含め、G2以上ではちょっと力が足りない印象。いきなり現役最高クラスが出走する今回はどこまで対抗できるか。鞍上が横山和生Jなので、工夫のある騎乗は期待できそう。コツコツ勝ち上がってきた馬だけに、純粋に初G1出走を祝いたい
(追記)特になし。

⑫バビット

プラス:度重なるケガから復帰。前走も見せ場たっぷりのレースで4着。自分のペースになればかなり粘り強く走れるので復帰2戦目でパフォーマンスがあがるであろう今回は楽しみではある。鞍上もG1を知り尽くしていて、奇策を講じてくる可能性がある。非常に不気味な1頭。
(追記)2週連続で典さんが追切に騎乗。外からロケットスタートを決めれれば、展開のカギを握るのはこの馬になる可能性もある。

マイナス:成績は右回り・小回りに集中している。逃げないと話にならなそうで、パンサラッサやジャックドールがいる今回は最初の200mで終了の可能性もある。58キロで走るのは初でこれもマイナス材料。いずれにせよピンかパーのタイプ
(追記)特になし。力関係に不安があるのは変わらない。

⑬アブレイズ

プラス:府中牝馬ステークスではスタートも良く、スムーズなレースが出来た。東京コースは大きく崩れたことがないので、舞台としては安心できる。
(追記)特になし。内で揉まれるよりはスムーズには運べる枠でよかった。

マイナス:前走は早めに動いたことが結果的にあだとなったが、とはいえしっかり敗戦。牡馬の一線級を交えると、逃げ・差しいずれも数段劣る印象。
(追記)特になし。力が通用するかわからない。

⑭ユーバーレーベン

プラス:強烈な末脚が武器である本馬にとって、東京コースは最適。札幌記念からの臨戦過程も過去に勝ち馬を出しているので問題ない。オークス以降歯がゆいレースが続いているが、ドバイでも好走できているので能力は高く、末脚の威力は牡馬にも負けず劣らない。スローペースにならなそうな今回は本馬にとってうれしい展開になるだろう。
(追記)枠順はあまり影響したいタイプ。パンサラッサ+逃げ馬となる今回のレースは、宝塚記念のような消耗レースになることも想像できる。ともすれば追込み特化型のこの馬にとってはプラスになる。2,3着の候補に入れたい。

マイナス:成績をみると、ベストは東京芝2,400mなので、今回はちょっと距離が短い印象。狙うのは次のジャパンカップにしたほうがよさそう。追い込んできて3着が想像しやすい。
(追記)やはり距離不足はある。早めに仕掛けたい。頼むぞミルコ。

⑮カデナ

プラス:展開がはまった時の末脚は現役屈指。多少馬場が渋っても気にする必要はない。
(追記)特にない。

マイナス:G1実績が乏しい。また近走は末脚も不発気味でG3でも馬券に絡めていない。馬場が相当荒れたらヒモに検討する、レベルで考えたほうがよさそう。
(追記)良馬場開催が濃厚となった。さすがに厳しいか。

いよいよ本番です!

枠順と最終追切で評価を上げたのは、
⑩ノースブリッジと⑭ユーバーレーベンです!!

土曜日のレース傾向などをみて気づいたことがあれば随時追記していきますので、引き続き週末まで更新情報をお待ちいただくようにお願いします!

皆さんといい結果を共有できますように!引き続きお付き合いください(^^♪

最新情報をチェックしよう!