秋華賞 馬体重発表後あれこれ!

秋華賞の馬体重が発表されたので、

全頭のプラス・マイナスポイントを箇条書きにします。

秋華賞全頭チェック

①ウインエクレール

+:前走古馬と互角のレースが出来た。スイートピーSで勝っているように、同世代戦では一定の力を示せている。最内で先行できる。

⁻:ローテ、前走軽く負けている点。滞在競馬とのことだが、馬体減。

②ライラック

+:紫苑ステークスの内容(スローを追い込んで際どい3着。一番強いレースをした。)馬体重が大きく減らなかった点。右回り安定

⁻:人馬ともにスタート不安。包まれたらしんどい。

③タガノフィナーレ

+:前走勝利。逃げて勝ったので小回りなら再現可能。

⁻:如何せん上位との能力差アリ。展開恵まれない限り、実力ではきつい。

④ラブパイロー

+:ダートながら重賞で好走成績アリ。先行脚質なので、展開が向けば。

⁻:芝のトップクラスでの実績が乏しい。

⑤ストーリア

+:直近3連勝。先行して速い脚が使える点が小回りコースに合いそう。

⁻:トップクラスとの対戦がない。カーネーションカップで負かせたルージュリナージュも、ローズSで敗戦。力が足りるのか不明。

⑥メモリーレゾン

+:得意の右回りに戻る。連勝した右回りなら好走可能か。

⁻:鞍上。前哨戦の内容。G1だと少し足りないか。

⑦スタニングローズ

+:前哨戦勝利。先行して力でねじ伏せる当たり能力の高さを伺える。

⁻:上澄みがあるのか不明。勝つとなると1つ足りない気がする。

⑧ナミュール

+:オークス3着で世代間で能力上位。即ここを目標に順調に調整できた。

⁻:+20キロが吉と出るか凶と出るか。出遅れしないか。

⑨スターズオンアース

+:能力はトップ。アクシデントさえなければ一番勝利に近い。

⁻:骨折の影響

⑩アートハウス

+:2,000mの前哨戦でしっかり勝利した。勝利実績のある阪神に替わるのもプラス。

⁻:中内田厩舎の2走目であること。早めに抜け出して何かに捕まる可能性もある。

⑪エグランタイン

+:夏に力をつけ、ローズSでも鋭い脚を見せた。夏の上がり馬の筆頭。

⁻:夏使い詰めで上澄みは?。

⑫ウォーターナビレラ

+:桜花賞2着。世代では力上位なのは間違いない。

⁻:距離と臨戦過程。特に距離は持つのか不明。

⑬エリカヴィータ

+:フローラステークス勝利。体重も増えて成長が伺える。

⁻:フローラステークス組がG1で全く戦えていない。

⑭フライトオンベイス

+:夏に連勝。この勢いは評価したい。

⁻:1,400mでの成績が目立ち、距離に不安。世代トップとの対戦もなく評価できない。

⑮サウンドビバーチェ

+:紫苑ステークスで2着。春からの成長は確か。先行できる点も小回りではプラス

⁻:距離不安。前走鞍上も「短いほうがいい」とのこと。距離が誤魔化せるか。

⑯プレサージュリフト

+:クイーンカップ勝利、オークスで5着など、同世代でも力は上位。

⁻:ここまでスタート全て出遅れている。東京専用機の雰囲気が強い。

最新情報をチェックしよう!