6月30日 帝王賞 回顧

先ほど終わりました帝王賞。

まさかまさかの大荒れとなりました。

そんな中勝ちましたのは、おすすめ馬に挙げた一頭。

テーオーケインズ!G1初勝利!

レースは若干出遅れたカジノフォンテンが1コーナーまでにかなりの脚を使い先頭にたったことで、タイトな流れになりました。

よどみないペースで進んだレース、4コーナー明けに後方各馬がドッと押し寄せます。

勝ったテーオーケインズはカジノフォンテンら先行勢のすぐ後ろ内側をキープ。

直線を向いた瞬間に抜け出し、後続を離して完勝!

2着には後方待機勢のノンコノユメ!3着は好位外を進めたクリンチャー!

カジノフォンテンはさすがに息切れしました。そしてオメガパフュームは3コーナーあたりから追い出していくものの反応不発。脚がたまらなかったというやつかもしれませんね。ドバイワールドカップ2着のチュウワウィザードは…どこにいたのか…やはり左回り巧者なんでしょうかね?

テーオーケインズはこれがG1初勝利!成長著しい4歳馬ですので、今後のレースでも楽しみです。

私の予想

おすすめ馬に挙げた3頭のうち、一番人気薄がきてくれました。もう1頭きてくれれば完ぺきだったのですが、レース展開を含めピッタリあたったので満足です!

また次回もよろしくお願いします。